アパレル企業様のパートナー 株式会社G-TEX|大阪市中央区

弊社では独自のシステムを構築し、アパレルデザイン・企画・開発からサンプル・量産・貿易まで一貫して行っています。

ホーム ≫ 縫製技術 ≫

縫製技術

縫製技術のご紹介~ダウン編~
 

DSC_2460

今回ご紹介させて頂くのは、ダウン商品になります。
~ダウンジャケットが出来るまでに工程~
 裁断 → パーツ縫製 → 縫製 →仕上げ →検品・検針 →梱包
ダウンジャケットの縫製は、パーツ縫製と呼ばれる工程にそれぞれ特徴があります。
ダウンを充てんする作業と中綿キルトを加工する作業があり、工場の技術力の高さが見えるポイントになります。

~ パーツ縫製  ダウンジャケット 後入れ~
裁断後、襟、前身頃、後身頃、袖、脇、ポケットにいたるまで、ダウンを入れるための生地を各パーツごとに縫製します。
自動ミシンで、先にステッチを入れることで縫い目からダウンが出る「吹き出し」を防ぐことが出来るのです。
また、各パーツごとに決まった量を入れる為に、ダウンの量の偏りがありません。

後入れのひと手間により、仕上がりの完成度が上がります。
弊社はこの様な手間のかかる商品を独自の生産背景を基に小ロット、低価格での生産を実現する事が可能です。

オリジナルデザインのご紹介

IMG_096411
今回ご紹介させて頂くのは、弊社オリジナルデザインです。
ベストの3WAY仕様になっております。
インナーベストとアウターベストを別々で着用する事ができ、
春~冬にかけてのロングシーズンでのご対応可能になっております。
弊社自慢のロングヒットアイテムになっております。
縫製だけでは無く、この様なデザイン提案はもちろんの事、生地提案/パターン作成などなど全て一貫して生産可能です。
試しに一度、弊社に丸投げしてみてはいかがでしょうか。

縫製技術のご紹介~リバー編~

DSC_2035_コピー
今回ご紹介させて頂くのは、リバー仕立て&リバーシブル商品です。
リバーシブル(reversible)とは一般的に「裏返しできること。両面仕立て」といった意味。
「裏面も表面と同様に使用できること」=「リバーシブル」というイメージが浸透しているため、「リバーシブル縫製」と聞くと、両面着られる洋服というイメージを持つことでしょう。
しかし、ここで紹介する「リバーシブル縫製」はそうではありません。
工程の70%以上を手まつりによって仕上げる熟練された技術者しか出来ない高度な縫製技術のことを指します。
「リバーシブル縫製」は表地一枚で仕立てるため、ブランケットやストールを巻くような感覚で着られる、非常に軽い最高級の仕上がりを実現してくれます。
かつ弊社は独自の生産背景を基に小ロット、低価格での生産を実現する事が可能です。

 

株式会社 G-TEX

所在地
〒541-0059 大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-18-4 松村ビル2F
電話番号
06-6121-8600
営業時間
9:30~18:00
定休日
土・日・祝日

会社概要はこちら


モバイルサイト

株式会社G-TEXスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら